FC2ブログ

広樹会ブログ

「広樹会」((公社)全日本小品盆栽協会認定)の活動等を報告するブログです。

春雅展講習会へ参加しました

植え替えシーズン真っ直中ですね〜
気は焦るんですが、まったくもって盆栽とゆっくり向き合うことが時間が
つくれずにいる支部員のてるおです!

さて、先日の土曜日に春雅展へ参観してまいりました!
広樹会からは、5席の出展がありましたね。

今回も見応えのある展示会に駆け足で展示を見てまわりました。。。
というのも、京都から名神道→吹田JCT→近畿道へ向かう途中、
事故による渋滞に巻き込まれてしまい到着予定時間を1時間近く
オーバーしちゃったんですよ。

あわよくば、午前中の講習会にも出ようかと思っていたんですが。。。
到着したころには、すでに講習会も終盤にかかってました。

午前中、展示を半分だけ見て、ランチを挟み、午後は、2時から
始まる講習会に参加しました!

今回の教材は、土佐水木でした!

教材は、全部で30本程度があり、時間になったら、協会の方が、
講習会の各席に置いていくのを受講者が選んで着席するという
感じなんですが、もう、いち早く良い教材をゲットしたくて
みなさん、一本づつ置かれていくのに合わせて大移動されていました。

僕もそのうちの一人なんですけどね。。。

ひとまず、ご一緒していた方たちの教材選びにお付き合いし、
3名ほどの教材を選び終わったあと、自分の教材選びをしたのですが
みなさん、どうやら、とにかく太幹のものを選ばれてたようで、
画像のようなひょうひょうとした木が残っていました。


090328_1343~03_0001


090328_1342~03_0001











土佐水木は、黄色い花が房となって垂れ下がりますので、半懸崖樹形が
似合うのではないかと思い選んだんですよ。

なかなか良い木だと思うのですがいかがでしょう?

足元に大きな枝抜き傷がありますので、足元内側から出た枝は、
ひとまず、今は、肉巻き促進のためにも残しておこうと思っています。

始めは、この足元の枝は抜いてしまった方が良いだろうと思っていたん
ですが、認定講師の方たちに「この枝、どう思われますか?」と
お聞きしたところ「無くてもいいとは思うけど、無かったら、普通の半
懸崖になっちゃうよね」と。。。

確かに、抜いてしまうとどこにでもありそうな半懸崖になりそう。
この枝を生かしてどう見せるかが、腕の見せ所だね〜とちょっとプレッ
シャーをかけられながらも、やっぱり、一人で悩んでいないで、聞いて
みるもんだな〜と思いました。

一人では、見えなかっただろう姿もいろんな方にアドバイスをいただく
中で、新たな可能性が見えてくることもあるということですね!

今回の講習会では、枝に針金を掛けて、整枝をした後、素焼き鉢から色
鉢に植え替えて終了です。

う〜ん、なかなか良いのではないでしょうか?
あまり始めの姿と変わり映えしないですが、鉢が一回り小さくなりました
ので木が大きく見えるようになったのではないかと思うのですが?

僕が広樹会で学んできた成果、見られますかね〜
針金のかけ方が無茶苦茶なのは、お見逃しくださいね。。。


ちなみに講習会の参加費は、3,000円!
この費用には、教材となる木1本と植え替え用の鉢、用土代など全てが
含まれています。
ハサミ、ピンセット、針金などは、すべて協会で準備してくれますので
手ぶらでご参加いただけます。




090328_1432~01_0001


090328_1432~02_0001



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koujukai.blog65.fc2.com/tb.php/58-7706b435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)