FC2ブログ

広樹会ブログ

「広樹会」((公社)全日本小品盆栽協会認定)の活動等を報告するブログです。

さて、どっち?

昨日、園の方から今月の例会案内が届いてました。

2月の例会内容の中でも、各会員がもっとも楽しみにしているのは、やはり教材支給でしょ~。

今年は、土佐水木だそうです。


教材支給の方法は2通りあります。


1つは、


教材となる樹に予め番号を振っておき、これまた番号が書かれた紙をくじ引きして紙の番号と一致した番号の樹をゲットできる方式です。


もう1つは、

番号が書かれた紙をくじ引きして、引いた番号順に好きな樹を選んでいく方式です。

この2つの方法、いろいろメリット、デメリットがあります。


前者の場合、クジ引きすれば即座に自分に支給される樹が決定します。但し、この方法の場合、「この樹が欲しい」と思っていても、その樹の番号をクジで引けるかどうか?はわかりません。

いや、むしろ引けない確立の方が高いでしょう。



一方、後者の場合、引いた番号順に樹を選んでいくわけです。早い番号を引いた人は自分の好みの樹形をゲットできます。1番クジを引いた人は、どれでもOKです!1番じゃなくても5番以内なら、かなりの確立で自分の欲しい樹をゲットできます。

ただ、この方法の問題点は・・・


時間がかかるということです。


サクサクと選んでいければ良いのですが、何十本と並んだ似たような樹形の中から、「この1本!」を選ぶのは、なかなか難しいようです。

あと・・・

早いクジ番号を引いた人が必ずしも良い樹をゲットできるわけではありません。

その人の樹を見る目が試されます。


いづれの方法にせよ、クジを引く段階はドキドキ感があって楽しいです。


さて、今年はどちらの方法で教材支給がなされるでしょうか?


現在の会員数を考慮すると、可能性が高いのは前者ですね。支給に時間がかかりませんから・・・



僕が好きなのは、いや、希望は後者です。



何故か?というと・・・・・



後者の方法を採用したいた時代に、3年くらい連続で最後位の番号を引いてしまった経験があります(笑)

かなりクジ引き運が悪いのでリベンジしたいのです!






今月の例会は2/28(日)です。

見学希望の方は、事前に広樹園の方に連絡して来てくださるか、例会日当日に広樹園の方に直接、来ていただいてもOKです。

広樹園へのアクセスは、リンク先にある広樹園HPを見ていただければわかると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する