FC2ブログ

広樹会ブログ

「広樹会」((公社)全日本小品盆栽協会認定)の活動等を報告するブログです。

カエデの枝抜き

今日はとある支部員のONさんが園に来られました。
横浜から毎月通われていて、もう10年以上になります。

かなり盆栽の腕も上がってきて、手入れが楽しくてなってきたと喜ばれているのですが、
枝抜きとなると、どの枝を抜くのかの判断がなかなかつかないようで、今回はその相談にと
カエデを持ってこられました。
小枝の剪定と違って、かなり太い枝を切るわけですから、愛好家にとってはなかなか思い切れないのもしかたのないことでしょう。

まず自分なりにはずすべきではと思う枝を示されたのですが、残念ながら、私が選んだのとはほとんど違っていました。

基本的には、ごつってきた枝からはずすのですが、この点については理解されているようでしたが、樹の上からだけ見て判断したそうです。

枝抜きするにあたって、剪定・整枝も含めていくつかの抑えるべきポイントがあります。
そのポイントとは、
1.樹冠部から始める。
2.樹の正面だけでなく、上からや横からなどあらゆる角度から見て判断する。
3.枝の混んだ部分とそうでない部分のバランスをとるとうに枝を抜いていく。(混んだ部分を減らす)言い換えれば、枝と枝の隙間(空間)が均等になるようにする。
4.枝の方向(将来どのように伸びていくか)を考えながら行う。


で私の選んだ枝抜きの前後の画像を載せておきます。


枝抜き前
枝抜き前


枝抜き後
枝抜き後







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koujukai.blog65.fc2.com/tb.php/106-5b21ebb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)