FC2ブログ

広樹会ブログ

「広樹会」((公社)全日本小品盆栽協会認定)の活動等を報告するブログです。

秋の雑木の手入れについて

今回は秋の雑木(落葉樹)の手入れについてです。
この時期は、青々としていた葉が黄色や赤色になってきます。
そしてそのまま放っておけば、落葉します。
これは、活動期に旺盛に水が樹全体に行き渡っていたのが、だんだん勢いがなくなってくることによります。

落葉してしまうと、樹は休眠に入りますので、枝を切ったり、針金で曲げたりすると、樹勢が落ちたり、場合によっては枝が枯れたりします。

落葉後の冬場は、作業は控えましょう。

そこで、落葉する前の、葉が紅葉し始めたら、ハサミで葉を刈り取り、裸にして枝の状態が見えるようにして剪定します。必要に応じて針金かけも合わせてやります。


山もみじとカエデの作業前と作業後の画像を添付します。


カエデ作業前
カエデ作業前



カエデ作業後
カエデ作業後



山もみじ作業前
山もみじ作業前



山もみじ作業後
山もみじ作業後



樹冠部から始めて、樹の輪郭に合わせて剪定していきます。
枝が込み合っている部分の枝を減らしたり、ごつくなってきた枝を抜いたり、立ち枝や方向の悪い枝を切ったりします。針金で矯正できる場合は、針金で整枝してやります。


この作業は、一年の総仕上げの重要な作業です。
ぜひ皆さんもチャレンジしましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koujukai.blog65.fc2.com/tb.php/105-064da318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)